世界・賃料が高い繁華街ランキングTOP10

Cushman & Wakefieldは、世界の都市の中心地区・一等地の小売店のテナント料ランキングを定期的に発表しています。


以下は2018年の最新ランキングです。

1ドル=110円にて換算し、ひと月のテナント料(1坪当たり)に独自換算しています。


1位 銅鑼湾 (香港・中国) 87万1220円/坪

英語読みでコーズウェイベイとも呼ばれる地区。その名の通り防波堤があった場所で、香港の財閥企業に払い下げられた土地だった。1960年の日本の大丸百貨店の進出以降大きく発展した「香港の渋谷」とも呼ばれるショッピングエリアだが、近年中国人観光客が香港に大量に訪れるようになって地価も大幅に上昇した。






2位 五番街 (ニューヨーク・アメリカ) 73万3899円/坪

マンハッタン島の南・グリニッジ・ヴィレッジからミッドタウン、セントラルパークを経て、北のハーレムに至る12kmほどに渡る直線の通り。特にロックフェラーセンターからトランプタワー、プラザホテルあたりにかけての49丁目通りから57丁目通りに交差するエリアが最もテナント料の高い地区であり、毎年香港の銅鑼湾と賃料1位の座を争っている。


3位 ニュー・ボンドストリート (ロンドン・イギリス) 56万8853円/坪

ロンドンで最も賑わうオックスフォードストリートとピカデリーを結ぶ通り。特に北部のセクションをニュー・ボンドストリートと呼ぶ。18世紀からブルジョアの住宅街となり、現在では高級ブランド店が軒を連ねるショッピングエリアである。毎年パリのシャンゼリゼ通りとヨーロッパ一の賃料を競っている。


4位 シャンゼリゼ通り (パリ・フランス)  49万5463円/坪


5位 モンテ・ナポレオーネ通り (ミラノ・イタリア)  47万8176円/坪


6位 銀座 (東京・日本)  ‭39万7610円/坪

東京銀座






7位 ピット・ストリート・モール (シドニー・オーストラリア) 31万4435円/坪


8位 明洞 (ソウル・韓国) 29万6169円/坪


9位 バーンホーフ通り (チューリッヒ・スイス)  27万8555円/坪


10位 コールマルクト (ウィーン・オーストリア) 16万7981円/坪






関連 : 世界の都市・中心街のアパート価格トップ25世界・富裕層(ミリオネア=資産1億円強)の多い都市ランキングTOP15世界・富豪(ビリオネア=資産1000億円以上)の多い都市ランキングTOP15






→ HOMEに戻る

シェアする