世界・自転車にやさしい都市ランキング

ドイツの保険会社COYAは、天候、自転車盗難リスク、自転車インフラ、シェア自転車率、事故率、自転車店の数などから割り出した総合的指数から、世界の「自転車に優しい都市」ランキングを発表しています。


ほとんどがドイツを中心としたヨーロッパの都市であり、アジアからは杭州と東京が選ばれています。


1位 ユトレヒト (オランダ)






2位 ミュンスター (ドイツ)


3位 アントワープ (ベルギー)


4位 コペンハーゲン (デンマーク)


5位 アムステルダム (オランダ)


6位 マルメ (スウェーデン)


7位 杭州 (中国)


8位 ベルン (スイス)


9位 ブレーメン (ドイツ)






10位 ハノーヴァー (ドイツ)


11位 ストラスブール (フランス)


12位 ボルドー (フランス)


13位 ハンブルク (ドイツ)


14位 ライプツィヒ (ドイツ)


15位 ブリストル (イギリス)


16位 モントリオール (カナダ)


17位 ニュルンベルク (ドイツ)


18位 インスブルック (オーストリア)


19位 ベルリン (ドイツ)






20位 メルボルン (オーストリア)


21位 ケルン (ドイツ)


22位 ドレスデン (ドイツ)


23位 フランクフルト (ドイツ)


24位 東京 (日本)






25位 デュッセルドルフ (ドイツ)

参考 : Coya Bicycle Cities Index 2019


→ HOMEに戻る





シェアする