アメリカ・安全な小都市TOP25

米保険助言会社AdvisorSmithは、2018年度のFBIの犯罪データベースから犯罪を暴力犯と財産犯に分け、暴力犯に重みを付けて総合的に指数化(指数が低いほうが治安が良い)し、治安の良い都市をランキング化しています。


以下は人口1万人以上10万人以下の小規模都市(全3017都市)から選ばれたトップ25都市のランキングです。

すべて東側の都市であり、クリーブランドやニューヨーク郊外の都市が非常に安全であることがわかります。

関連 : アメリカの都市・人口ランキングTOP25アメリカ・危険な都市ワースト25アメリカ・住みやすい都市BEST25(2019年)アメリカ・観光客の多い都市ランキング(2018年)


1位 ブロードビュー・ハイツ (オハイオ州)

暴力0.10件/1000人 財産0.94件/1000人 指数2.2

アメリカ東部五大湖の一つ・エリー湖の南に位置する人口1万9000人ほどの町。近隣の人口40万人の都市・クリーブランドは近年治安が悪化し全米で最も危険な都市の一つであるが、クリーブランドから南に17km離れたブロードビュー・ハイツは別世界のように、全米で最も治安の良い町としてランクされている。貧困線以下の生活を強いられている市民は3%と非常に少なく、全米有数の先進的な教育システムも評価されている。




2位 チェスター・タウンシップ (オハイオ州)

暴力0.00件/1000人 財産0.48件/1000人 指数2.2

アメリカ東部エリー湖の近くにある人口1万人ほどの市。クリーブランドの東25kmほどに位置し、治安1位のブロードビュー・ハイツからは30kmほどの距離にある。チェスター・タウンシップが属するジョージア郡はアーミッシュの多い土地である。フォーブス誌はジョージア郡を「子育てに適した場所」4位に選んでいる。


3位 バーゲンフィールド (ニュージャージー州)

暴力0.04件/1000人 財産2.75件/1000人 指数3.1

アメリカ東部、ニューヨーク中心部から北西に位置する人口2万7000人の町。人口2万5000人以上の自治体では全米で最も安全な町として評価されている。人口の1割ほどがフィリピン人、人口の2割がフィリピン人を祖先に持つ人々であり、「リトルマニラ」の異名を持つ。


4位 リッジフィールド (コネチカット州)

暴力0.04件/1000人 財産2.34件/1000人 指数3.4

アメリカ東部、ニューヨーク中心部から75kmほど北に位置する人口2万5000人ほどの町。19世紀ごろからニューヨークの富裕層が大邸宅を構え始めた。大恐慌で一時衰退するも、ゾーニング計画によって今もその雰囲気を残している。


5位 ウェストン (コネチカット州)

暴力0.00件/1000人 財産2.61件/1000人 指数3.6

ニューヨーク市の北東75kmに位置する人口1万人の町。鉄道が敷かれず交通の便が悪かったため農村地帯であったが、大恐慌後の1930年代から文化人が多く移り住むようになった。年間世帯収入の平均は21万ドル(2300万円)ほどであり、全米でも最も裕福な市の一つ。商業施設はほとんど無く、市の4分の1が自然保護区や公園である。


6位 チャタム・タウンシップ (ニュージャージー州)

暴力0.00件/1000人 財産3.21件/1000人 指数3.6

ニューヨーク中心部から西に35kmほど離れた、人口1万人ほどの町。平均世帯収入が比較的高く、ニュージャージー州で最も住みやすい町にランクされることもある。




7位 オルムステッド・タウンシップ (オハイオ州)

暴力0.15件/1000人 財産2.09件/1000人 指数3.6

アメリカ東部エリー湖南、クリーブランド南西に位置する人口1万3000人の町。治安全米1位のブロードビュー・ハイツの西10kmにある。


8位 サガモアヒルズ (オハイオ州)

暴力0.00件/1000人 財産2.74件/1000人 指数3.7

アメリカ東部エリー湖南、クリーブランド南東に位置する人口1万人の町。治安全米1位のブロードビュー・ハイツの東8kmにある。


9位 リバーベール・タウンシップ (ニュージャージー州)

暴力0.10件/1000人 財産2.36件/1000人 指数3.7

ニューヨーク市中心部から北西に30kmほどに位置する人口1万人の町。CNNの全米住みたい街ランキングで29位にランクされたこともある。貧困線以下の人口が2%と極めて少ない。


10位 ジオンズビル (インディアナ州)

暴力0.00件/1000人 財産2.54件/1000人 指数3.7

アメリカ東部、インディアナポリス中心部から北20kmに位置する人口2万7000人の町。当ランキングでは最も西に位置する。歴史地区は観光地として有名。




11位 ベッドフォード (ニューヨーク州)

暴力0.22件/1000人 財産2.27件/1000人 指数3.9

ニューヨーク市の北60kmに位置する人口1万8000人の町。治安5位のウエストンから西に20kmほどにある。歴史地区があり観光地でもある。


12位 ニューキャッスル (ニューヨーク州)

暴力0.05件/1000人 財産2.91件/1000人 指数4.0

マンハッタン島の北、ニューヨーク中心部から50kmほどにある人口1万8000人の町。クリントン元大統領夫妻やクオモ・ニューヨーク州知事他、多くの著名人が住んでいる。


13位 バッキンガム・タウンシップ (ペンシルバニア州)

暴力0.05件/1000人 財産3.45件/1000人 指数4.1

フィラデルフィアの北40km、ニューヨーク中心部から西に100kmに位置する人口2万人の町。町名はイギリスのバッキンガム市に因んでつけられた。古い町でいくつかの歴史地区がある。


14位 キネロン (ニュージャージー州)

暴力0.10件/1000人 財産2.48件/1000人 指数4.2

ニューヨーク中心部から北西20kmにある人口1万人の町。ニューヨークの郊外住宅として作られた、全米で最も古いゲーテッド・コミュニティの一つである。キネロン湖を中心に高級住宅街が広がる。


15位 オークランド・チャーター・タウンシップ (ミシガン州)

暴力0.21件/1000人 財産1.54件/1000人 指数4.3

アメリカ東部、デトロイトの北35kmにある人口1万9000人の町。ミシガンで最も古いタウンシップの一つ。自然豊かなデトロイトのベッドタウンであり、都市計画により人口密度が高くならないよう制限している。




16位 グレンロック (ニュージャージー州)

暴力0.00件/1000人 財産4.10件/1000人 指数4.4

ニューヨーク中心部から北西25kmに位置する人口1万1000人の町。治安の良さなどからニュージャージー州で最も住みやすい町の一つとされ、その近接性からニューヨークを拠点にする多くの著名人が住んでいる。


17位 アッパープロビデンス・タウンシップ (ペンシルバニア州)

暴力0.38件/1000人 財産1.72件/1000人 指数4.4

東海岸フィラデルフィアの北40kmに位置する人口1万人の町。17世紀にできた古いタウンシップ。厳格なゾーニングが施され98%が住宅地である。


18位 ホプキントン (マサチューセッツ州)

暴力0.11件/1000人 財産1.62件/1000人 指数4.5

ボストンの西40kmに位置する人口1万8000人の町。ホワイトホール湖周辺は古くからリゾート地として開発されてきた。ボストンマラソンのスタート地点でもある。


19位 ハリソン (ニューヨーク州)

暴力0.00件/1000人 財産3.51件/1000人 指数4.6

マンハッタン島北、ニューヨーク中心部から35kmほどに位置する人口2万8000人の町。町の南部はニューヨーク市内から市街地が連続している地域である。イタリア系アメリカ人が多い。ペプシコーラで知られるペプシコやマスターカードが本拠地を構える。




20位 プラットキル (ニューヨーク州)

暴力0.00件/1000人 財産3.03件/1000人 指数4.7

ニューヨーク中心部から北100kmほどにある人口1万人の町。大部分が森に覆われた自然豊かな町である。


21位 バーナーズ・タウンシップ (ニュージャージー州)

暴力0.07件/1000人 財産3.24件/1000人 指数4.7

ニューヨークの西45kmに位置する人口2万6000人の町。ニュージャージー州最初のタウンシップの一つ。ニューヨークのベッドタウンである。


22位 ケント (ニューヨーク州)

暴力0.08件/1000人 財産3.83件/1000人 指数4.7

ニューヨークの北80kmに位置する人口1万3000人の町。町内の莊嚴寺には米大陸最大の仏像がある。湖が多く避暑地である。


23位 ウォーレン・タウンシップ (ニュージャージー州)

暴力0.19件/1000人 財産3.26件/1000人 指数4.8

ニューヨーク中心部から西に40kmに位置する人口1万5000人の町。公園や自然保護区などのオープンスペースが広く、全米の生活に適した5つの町の一つに選ばれたこともある。世帯平均収入は15万ドル(約1600万円)と、州平均の2倍ほどである。


24位 サウスパーク・タウンシップ (ペンシルバニア州)

暴力0.23件/1000人 財産1.73件/1000人 指数4.9

アメリカ東部、ピッツバーグ南14kmに位置する人口1万3000人の町。地区の3分の1をしめる「サウスパーク・ゲーム保護区」というレクリエーション・エリアがあり、町名もそこから付けられた。




25位 テナフライ (ニュージャージー州)

暴力0.27件/1000人 財産2.51件/1000人 指数4.9

ニューヨーク中心部から北25kmに位置し、ハドソン川に面する人口1万4000人の町。韓国系アメリカ人が多く、人口の15%を占める。ニューヨークへの通勤列車が走っていたが、1960年代に騒音が問題視され廃線になった。



参考 : AdvisorSmith


関連 : アメリカの都市・人口ランキングTOP25アメリカ・危険な都市ワースト25アメリカ・住みやすい都市BEST25(2019年)アメリカ・観光客の多い都市ランキング(2018年)






→ HOMEに戻る


シェアする