千葉県の都市・人口ランキングTOP10

千葉県の都市の人口ランキングです。


千葉県 人口 : 631万人 (2019年)

関連 : 神奈川県の都市・人口ランキングTOP10新潟県の都市・人口ランキングTOP10埼玉県の都市・人口ランキングTOP10長野県の都市・人口ランキングTOP10


1位 千葉市 97万人

千葉県北西部、東京湾に面する同県の県庁所在地。地名の由来は、アイヌ語で船溜まりを意味する「チプ・パ」が転じたとするものや、自然の豊かさ(千の葉)を意味するものであるとする説がある。市内には世界最大とも言われる5000年前の加曽利貝塚が残る。大和時代は国造・大私部氏(おおきさいべうじ)が支配。平安時代は桓武天皇の子孫・平忠常が城を構え、子の常将が千葉氏を創設した。12世紀、源頼朝の家臣・千葉常重が亥鼻城(千葉城)を築き、次代の千葉篤胤が戦功により頼朝から下総国守護に任じられて以降、千葉氏が300年にわたり当地一帯を支配した。当時鎌倉と並ぶ関東の有力都市だったが、15世紀、千葉氏の内紛をきっかけに佐倉藩に支配されると衰退。しばらく千葉は佐倉藩の貨物積出港に甘んじた。廃藩置県後一時印旛県に入るも、1873年成立の千葉県の県庁所在地となった。明治以降は軍事施設が多く作られ軍都となるが、戦後は東京湾沿岸部が精力的に埋め立てられ、京葉工業地帯を形成した。1967年には沿岸の幕張に海浜ニュータウンを建設する計画が決定し、1989年に国内最大のコンベンションセンターである幕張メッセが完成。千葉の旧来から都心から遠く離れた、幕張副都心を形成している。1992年に政令指定都市に移行し、6区を置いている。





2位 船橋市 63万人

千葉県北西部にある市。古代、市中心部は伊勢神宮の神領であり、ヤマトタケルが東国平定を祈願したという船橋大神宮が4世紀ごろから所在していると伝わる。市名もヤマトタケルが東征の際、川を渡るために船で橋を作った寓話に由来する。中世は千葉氏に支配され、大神宮の門前町として発展。江戸時代は千葉街道と成田街道が合流する宿場町として成田山新勝寺の参拝客で賑わい、徳川家康が九十九里に鷹狩に行く際に休んだと言われる船橋御殿も作られた。漁業の盛んな港町だったが、19世紀末、総武鉄道(現・JR総武本線)が都心から伸びると東京のベッドタウンとして発展。高度成長期は人口の急拡大に伴い、沿岸部で船橋ヘルスセンターや飛行場、競馬場、オートレース場が作られるなどレジャー施設が充実し、現在も跡地に大型ショッピングモールが軒を連ねている。市内には鉄道7事業者10路線37駅があるなど交通の便が良く、政令指定市ではない都市では全国最大の人口を有する。


3位 松戸市 49万人

千葉県北西部に位置し、江戸川を挟んで東京都、埼玉県と接する市。古くから水戸街道の宿場町、江戸川の河港として栄え、現在も東京都葛飾区柴又とを繋ぐ江戸川の渡し船「矢切の渡し」は観光資源になっている。明治以降、東京の衛星都市として発展。二十世紀梨を名産とする梨農園が広がっていたが、高度成長期に大規模な住宅団地が多く造成され、農地は減少した。


4位 市川市 48万人

千葉県北西部に位置し、西で江戸川をはさんで東京都江戸川区に接する市。江戸川に臨む国府(こうの)台には奈良時代、その名の通り下総国の国府が置かれていた。戦国時代、下総国の玄関口として国府台城が築かれ多くの合戦の舞台となった後、江戸を見下ろす立地がふさわしくないことなどから徳川家康によって廃城となった。明治時代は都心からのアクセスの良さから国府台に陸軍の軍事施設が置かれ、軍都となる。同じく明治以降、東京下町の商人や政治家などの別荘地となり、永井荷風、幸田露伴、北原白秋、東山魁夷ら文化人も多く住んだ。東京湾沿岸地区は戦後埋め立てが進み、京葉工業地帯の一部となっている。通勤者の約半数が東京へ通う東京のベッドタウンとして人口は増加を続けている。


5位 柏市 42万人

千葉県北西部、利根川を挟んで茨城県と接する市。江戸時代は水戸街道の小金宿と我孫子宿に挟まれた小村だったが、1896年に日本鉄道(現・JR常磐線)柏駅が開業し、1923年に船橋から北総鉄道(現・東武野田線・アーバンパークライン)が開通して乗換駅となると、町はにわかに発展を始めた。戦前は柏飛行場が作られ軍都となる。1954年、柏町含む2町2村が合併して「東葛市」として市制に移行すると、同年すぐに「柏市」に改称した。都市が大きく発展するのは1970年代に入ってからで、このころ柏駅前に日本初のペデストリアンデッキが完成し、百貨店と駅が結ばれた。常磐線・東武線沿線の商業中心地となり、若者向けの店舗が多いことから「千葉の渋谷」などと呼ばれることもある。2005年のつくばエクスプレス開業後は、新設の柏の葉キャンパス駅周辺で学術都市、スマートシティとしての開発が進んでいる。





6位 市原市 27万人

千葉県中西部に位置し東京湾に面する、千葉県最大の面積を有する自治体。奈良時代に上総国の国府が置かれた地で、近世は木更津街道の宿場町だった。1871年の廃藩置県で市内は菊間県、鶴牧県、鶴舞県、木更津県の一部となった後、1873年に成立した千葉県に組み込まれた。長らく農漁村であったが、戦後の高度成長期に沿岸部を埋め立てて重化学工業の工場や石油化学コンビナートが建設されると、現在では愛知県豊田市に次ぐ日本2位の製造品出荷額を誇る工業都市となった。内陸部は自然が豊かで、養老渓谷が観光地として知られるほか、ゴルフ場の数が日本で最も多い自治体である。


7位 八千代市 19万人

千葉県北西部にある市。中世は千葉氏に支配され、戦国時代は高木氏が吉橋城、村上氏が米本(よなもと)城を築いた。近世以降、成田街道の宿場町として栄える。1956年、日本の住宅団地の発祥として知られる八千代台団地の建設を契機に団地が多く作られ、東京のベッドタウンとして人口が急増。1975年には人口10万人以上の都市で全国一の人口増加率を記録した。京成線に加え1996年には東京都心と直通する東葉高速鉄道が開通し、今も人口の微増が続いている。


8位 流山(ながれやま)市 19万人

千葉県北西部に位置し、江戸川を挟んで埼玉県に接する市。江戸時代は江戸川の水運やみりんの醸造で栄え、また幕府直轄地である小金牧(こがねのまき)で軍馬の養育が行われた。明治の廃藩置県では葛飾県となりその県庁所在地となるもすぐに印旛県に統合された後、千葉県となった。流鉄流山線、東武野田線(アーバンパークライン)、JR武蔵野線などが市街を横切るように走っていたが、2005年に東京都心に直通するつくばエクスプレスが開通したことで人口が急増。2013年から2019年まで7年連続で、千葉県で最も人口増加率が高い自治体となっている。


9位 佐倉市 17万人

千葉県北部、印旛沼南岸に位置する市。鎌倉時代、千葉氏の一族・臼井氏が印旛沼を見下ろす高台に城を構えた。江戸時代は佐倉城が築かれ幕府防衛の拠点となると、1746年に入封した堀田氏11万石の城下町、成田街道の宿場町として発展。佐倉藩は、西洋医学を奉じる日本初の医学塾である順天堂を招聘するなど進歩的な藩政で知られ、房総半島最大の藩として栄えた。明治の廃藩置県では一時佐倉県の県庁所在地となる。佐倉城跡には陸軍の基地が置かれていたが、戦後公園となった後、1983年に国立歴史民俗博物館が開館した。近年はユーカリが丘地区での特色あるニュータウン開発が注目を集めている。


10位 習志野(ならしの)市 17万人

千葉県北西部に位置し、東京湾に接する市。中世以降、小金牧の名で知られる軍馬の放牧地の一部であった。1873年、大和田原と呼ばれた原野で近衛兵の演習が行われた際、行幸した明治天皇が篠原国幹少将の指揮に感銘を受け、「篠原を見習え」と発したものが「習志野」と転じて地名になったとする説がある。後に陸軍習志野錬兵場などが作られ軍都となるが、戦後、軍施設の多くは大学や病院などに転用され、また鉄道連隊の演習線は新京成電鉄の線路となった。高度成長期、津田沼を中心とした東京のベッドタウンとして人口が急増。東京湾沿いの遠浅の海岸が埋め立てられ住宅地などに転用されたが、埋め立てられずに残った谷津干潟がラムサール条約に登録されている。





次ページ (参考)11位から54位






関連 : 北海道の都市・人口ランキングTOP10福岡県の都市・人口ランキングTOP10神奈川県の都市・人口ランキングTOP10大阪府の都市・人口ランキングTOP10愛知県の都市・人口ランキングTOP10新潟県の都市・人口ランキングTOP10埼玉県の都市・人口ランキングTOP10広島県の都市・人口ランキングTOP10宮城県の都市・人口ランキングTOP10高知県の都市・人口ランキングTOP10京都府の都市・人口ランキングTOP10長野県の都市・人口ランキングTOP10 / 沖縄県の都市・人口ランキングTOP10 / 石川県の都市・人口ランキングTOP10 / 兵庫県の都市・人口ランキングTOP10 / 静岡県の都市・人口ランキングTOP10 / 鹿児島県の都市・人口ランキングTOP10 / 青森県の都市・人口ランキングTOP10






→ HOMEに戻る





ことりっぷ 千葉・房総

1 2

シェアする