世界の都市・20世紀以降の遷都

20世紀以降に遷都した都市の一覧です(植民地政府の首府の移転は含みません)。


関連 : 中国の遷都


中華民国(台湾)

広州 → 武漢(1926年) → 南京(1927年) → 重慶(1937年) → 南京(1945年) → 広州(1949年) → 成都(1949年) → 重慶(1949年) → 台湾国民政府首都・南京(1949年)  /  臨時首都・台北(1949年- )

南京

南京

清国滅亡後、孫文が広州に国民党政府を樹立。国民党軍を率いる蒋介石が、対立する武漢の共産党軍を掃討し、当地に遷都した。しかしその後共産党の巻き返しにあい、武漢政府が切り崩され権力基盤が弱ったため、1926年に南京へ遷都する。翌年、国民党が中国を掌握。その後日中戦争が始まり、南京が日本軍によって陥落したため、重慶に遷都した。第二次大戦終結後、首都は再び南京に戻る。その後、共産党との内戦が激しくなり劣勢に立たされた国民党は、広州、成都、重慶と戦線を後退。共産党が勝利し、1949年に北京を首都として中華人民共和国が建国された。同年、台湾島に逃れた国民党は台北に臨時首都を立てるも、中華民国の公式の首都は今も南京のままである。




オーストラリア

暫定首都・メルボルン → キャンベラ(1927年- )

キャンベラ

キャンベラ

オーストラリアの二大都市、シドニーとメルボルンの首都を巡る争いを裁定するため、中間地点にあったキャンベラが首都となった。田園都市思想に基づいた人工都市である。


イタリア王国

ローマ → ブリンディジ(1943年) → サレルノ(1944年) → ローマ(1944年-1946年)

サレルノ

サレルノ

第二次大戦の戦況が激しくなった1943年、休戦を望む王党派が戦争継続を望むファシスト政権から逃れるため、南部のブリンディジに遷都。さらに翌年、同じく南部のサレルノの遷都した。1944年、イタリアが連合軍に降伏したため王族はローマに戻った。戦後の1946年に共和制に移行するも、首都はローマに引き継がれた。


ドイツ連邦共和国

ベルリン → 暫定首都・ボン(1949年) → ベルリン(1990年- )

ボン

ボン

戦後、東西ドイツに分割され、西ドイツ(ドイツ連邦共和国)の首都であったベルリンは東ドイツ内の飛び地となってしまった。「ドイツ統一後は再びベルリンを首都とすべき」という意見もあり、フランクフルトなどの大都市が肥大化し、事実上の首都となるのを避けるため、西ドイツ中央にあった小さな街のボンを西ドイツの暫定首都とした。東西ドイツ統一後、首都はベルリンに戻ったが、2001年の首都機能移転完了後もボンには引き続き新たな首都機能の一部が割り振られている。




ブラジル

リオデジャネイロ → ブラジリア(1960年- )

ブラジリア

ブラジリア

リオデジャネイロやサンパウロなどがある大西洋沿岸部と内陸部の経済格差を解消するため、1960年、内陸部のブラジリアに遷都。人工都市はわずか41ヶ月で都市は完成したが、都市建設費が国家財政に重くのしかかかった。またモダニズム思想に基づく自動車中心の都市構造は暮らしにくく、周囲にはスラム街が形成されるなど都市問題も多い。


ベリーズ

ベリーズシティ → ベルモパン(1970年- )

ベルモパン

1961年、首都のベリーズシティがハリケーンで大きな被害を受けたのをきっかけに、被害のなかったベルモパンに遷都が計画された。1966年に遷都が始まり、1970年に完了。政府機関が集まるが、人口はわずか1万人ほどの小都市。


マラウイ

ゾンバ → リロングウェ(1975- )

リロングウェ

南部の首都ゾンバから、南北格差の解消の意図もあり、同国のほぼ中央に位置するリロングウェに遷都。遷都は南アフリカからの借款によって進められた。1994年にようやく国会が移転。




ナイジェリア

ラゴス → アブジャ(1976年- )

アブジャ

首都ラゴスが南西の位置に偏りすぎており、人口も飽和状態だったことから、国土のほぼ中央に位置し、気候が良く人口も少ないアブジャに遷都された。都市の中心部は丹下健三が設計。1991年に行政機関の移転が完了した。


コートジボワール

アビジャン → ヤムスクロ(1983年- )

ヤムスクロ

1983年、コートジボワール独立の指導者であった初代大統領、フェリックス・ウフェ=ボワニの生まれ故郷であるとの理由から、旧来の首都・アビジャンから北に250kmの当地に遷都されたと言われる。しかし首都機能は依然としてアビジャンにあり、ヤムスクロの人口は30万人ほどである。経済の中心も500万人近い人口を誇るアビジャンである。


スリランカ

コロンボ → スリジャヤワルダナプラコッテ(1985年- )

スリジャヤワルダナプラコッテ

シンハラ王国や植民地時代、独立後も長らくスリランカの首都はコロンボだったが、1985年、南に10kmの衛星都市であるスリジャヤワルダナプラコッテに国会議事堂が完成したことで首都が移された。ただし、国会議事堂と大きな貯水池があるのみで首都機能の移転は進んでおらず、主要機関の大半は今も旧都にある。都市名の由来は「スリ(聖なる)・ジャヤワルダナ(移転時の大統領名)・プラ(街)・コッテ(元々の街の名前)」。「ジャヤワルダナ」は「勝利をもたらす」の意味もある。




タンザニア

ダルエスサラーム → ドドマ(1996年- )

ドドマ

ドドマはタンザニアのほぼ中央に位置するため、沿岸部のダルエスサラームから1973年に移転が決定。新都市が建設される予定だったが、1996年に立法府が移転したのみで都市の規模は小さく、国の中心は今も人口430万ほどのダルエスサラームである。


カザフスタン

アルマトイ → アスタナ(1997年- )

アスタナ

首都アルマトイ直下に活断層があり、地震が多いことなどから1997年に遷都。旧称アクモラが「白い墓」の意であったことから「首都」を意味するアスタナに改名した。都市の基本設計は建築家・黒川紀章によるもの。


パラオ

暫定首都・コロール → マルキョク(2006年- )

マルキョク

暫定首都のコロールから2006年、「建国10年以内に遷都する」という憲法の規定に基づきマルキョクに遷都。コロールの人口過密解消も目的だった。人口400人ほどの小都市。国会議事堂などは台湾の援助で建てられた。




ミャンマー

ヤンゴン → ネピドー(2006年- )

ネピドー

ネピドー

1948年のビルマ独立以後、長らくヤンゴンが首都だったが、ミャンマー軍事政権が2005年に突如、ヤンゴンの北・ピンマナの近郊に新都市・ネピドー(「首都」の意)を作り遷都を開始。2006年に完了した。ネピドーは非常時には滑走路にもなる20車線の幹線道路を有し、大型ショッピングモールや高級ホテルが並び、2010年には東京ドーム70個ほどの巨大な国会議事堂が完成したが、商業の中心はあくまでヤンゴンである。移転の理由は明らかになっていないが、防衛上の理由、治安対策、占星術によるものといった様々な理由が憶測されている。


エジプト

カイロ → 新首都(2019年?)

引用:カイロ市HP

過密状態の首都・カイロの渋滞問題などを解決するため、また2013年の軍事クーデター後の国権を強化するため、首都を移す計画が実行されている。カイロから東70kmほどの地ですでに新首都の建設は進められている。中国が推し進める一帯一路上に位置するため、新首都の建設には中国の支援があるとも言われる。新首都とカイロ市との間の新都市「ニュー・カイロ・シティ」の建設も進み、すでに多くのカイロ市民が移り住んでいる。新首都はシンガポールやドバイをモデルにしていると言われ、2019年中に新首都への行政機関の移転が始まる予定である。



→ HOMEに戻る

シェアする