中国の都市の区分

中国の行政区分はその成り立ちの歴史的経緯から非常にややこしく、市や県の概念が日本とは異なります。


まず、省級地級県級郷級の4層の行政区分に分けられます。

最上級の省級行政区分として、23の省、5つの自治区(チベット、新疆ウイグル、内モンゴル、広西チワン)、4つの直轄市(北京、上海、天津、重慶)が同じレベルで存在します。香港とマカオの2つの特別行政区も実質省級のレベルに位置します。

第二層の地級行政単位は地級市自治州地区、盟(内モンゴル)、省直轄県級市(一部)があります。地級市は市街地や農村までも含み、日本でいう県に近い概念です。

第三層の県級行政単位が県級市、市轄区(直轄市や地級市の市街に設置)、旗(内モンゴル)、自治旗(内モンゴル)、特区(貴州省)、林区(湖北省)です。これらは日本における郡のようなものです。よって、中国では市の下に県が存在することになります。

第四層の郷級行政単位が街道鎮、郷級行政区、民族郷、ソム(内モンゴル)です。日本でいう町や村に近い概念です。

したがって、巨大な直轄市である重慶市などは、市街地の市轄区のみをいわゆる市として見なすことがあります。また、都市化が進んだ地域では市轄区のみの地級市も多く存在します。






 
関連 : 中国の都市・人口ランキングTOP50
 



シェアする