タイの都市・人口ランキングTOP10

タイの都市の人口ランキングを集計しました。10位以内にもいくつかバンコクの衛星都市がランキングしており、バンコクに人口が一極集中していることがわかります。


タイ王国 人口 : 6886万人

関連 : 世界の都市人口ランキングBEST100アメリカの都市・人口ランキングTOP25中国の都市・人口ランキングTOP50ベトナムの都市・人口ランキングTOP10マレーシアの都市・人口ランキングTOP10オーストラリアの都市・人口ランキングTOP10ニュージーランドの都市・人口ランキングTOP10韓国の都市・人口ランキングTOP10台湾の都市・人口ランキングTOP10


1位 バンコク 567万人


バンコク若しくはクルンテープマハナコーンはタイ王国の首都。1782年ラーマ1世が、それまでのトンブリーからチャオプラヤー川の対岸の当地に首都を移したことに始まる。王宮や関連施設を含む土地の周囲には運河が掘られ、ラッタナーコーシン島と呼ばれる人工の島を形成した。この島の中には王に許された者のみ住むことが出来た。建国当初は島内のみがバンコクの中心として機能していたが、タイの経済発展と共に市街地は東へ延びていった。1972年には拡大が進みバンコクの行政機関の手に負えなくなっていたノンタブリー県、サムットプラーカーン県、パトゥムターニー県が分離。一方で1975年にはトンブリー県がバンコクに吸収されている。儀式的正式名称は「イン神(インドラ、帝釈天)がウィッサヌカム神(ヴィシュヴァカルマン神)に命じてお作りになった、神が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、最高・偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の不滅の宝石のような、偉大な天使の都」と大変長い。





2位 ノンタブリー 25万人


タイ中部、バンコク中心部から北に位置するバンコク首都圏の一部。ノンタブリーとは「歓びの街」の意。市内はチャオプラヤ川が走るゼロメートル地帯であり、ほとんどがバンコクの拡大に伴うスプロール化した住宅地域である。5つの地区(タンボン・行政区)をカバーしている。


3位 パックレット 18万人


バンコクの中心部から北、ノンタブリーのさらに北に位置する、バンコク首都圏のメガロポリスの一部。アユタヤ王国時代の18世紀ごろから居住が確認されている。18世紀はじめ、市中心の西側を流れる曲がりくねったチャオプラヤー川にバイパスを通したため、バイパスによって切り離された川に囲まれた部分がクレット島(ノンタブリー県)となった。20世紀後半、バンコクが急速に拡大した際には田園地帯が住宅地に転用された。1996年から2000年にかけて町、続いて市に昇格した。


4位 ハートヤイ 15万人


タイ南部、マレーシアの国境近くに位置する都市。元々は「ホックサメットチュン」と呼ばれる小さな村だったが、20世紀初頭、中国客家人の実業家・謝枢泗(しゃ・すうし)の投資によって鉄道がタイ南部の当地まで敷設され「ハートヤイ」という駅名が付けられると、それまで数戸の民家しかなかった集落は成長を始めた。現在ではタイ南部の物流拠点として「小バンコク」と呼ばれる。ハートヤイはしばしばタイからの分離独立を目指すイスラム過激派・パッタニ統一解放機構などのテロの標的となっており、治安が良いとは言えない。


5位 チャオプラヤ・スラサック 13万人


バンコク南部、タイランド湾に面する都市。当地はアユタヤ時代から有力な地方都市の一つであったが、1967年に行政区として設立されると1999年に地方自治体に、2013年に市に昇格した。都市名はタイの将軍・チャオプラヤスラサクモントリにちなむ。現在ではチョンブリー県の経済の中心。






6位 スラートターニー 13万人


タイ南部、マレーシアとの国境にほど近い都市。この都市は「高地の村」を意味する「バンドン」と呼ばれていたが、仏教が盛んな地であったため、20世紀初めラーマ6世によって「善人の都市」という意の名前が​​付けられた。ローマ・カトリック教会もあり、キリスト教徒も多く住んでいる。タイランド湾に面する港を持つタイ南部経済の中心地の一つ。サムイ島やタオ島は観光地としても有名。2007年に市に昇格。


7位 ウドーンターニー 13万人


タイ北部、ラオスとの国境にほど近い都市。都市名はサンスクリット語で「北の町」の意味。市の近くには紀元前3000年ごろの東南アジア最古の遺跡・バーンチエン遺跡があり、古くから文明があったことがわかる。ベトナム戦争時はアメリカの軍事基地が作られ、その名残で現在もバー、コーヒーショップ、ホテルなどが立ち並ぶ。ラオス、ベトナム北部、中国南部への玄関口でもあり、国際的な雰囲気を持つ都市である。


8位 チエンマイ 12万人


タイ北部、ミャンマー近くに位置する都市。北方の元の侵略を防ぐことと、タイランド湾に通じるピン川(下流でチャオプラヤ川に繋がる)沿いにあり、中国との交易に有利なことから13世紀、ランナータイ王国の首都として都市が作られ、「新しい街」という意味の「チェンマイ」と名付けられた。16世紀から征服したビルマのタウングー王朝でも首都として栄える。18世紀、ビルマの衰退によりチェンマイも衰退したが、ビルマを一掃したチャクリー王朝(タイの現王朝)がチエンマイを再興した。碁盤の目状の旧市街の城壁は現在も中心にわずかに残り、その外側に新市街が形成されている。タイ有数の観光地としても有名。


9位 ナコーンラーチャシーマー 12万人


タイ中部、バンコクの北東に位置するイサーン地方(タイ北東部)の中心都市。「コラート」とも呼ばれる。コラート高原の西端のかつてのラオスとシャムの領土の境界に位置し、付近にはクメール時代の遺跡も多い。17世紀、アユタヤ王朝の北東辺境の拠点として発展。タイ王朝の絶対王政を終わらせた1932年の立憲革命時には、バンコクの新政府に対する反対派の拠点となり、1981年のクーデター未遂の際は政府と王室の避難場所となった。ベトナム戦争中は、タイ軍、米軍、ニュージーランド軍の基地となる。現在もタイ北東部地域の重要な政治経済の中心地である。





10位 バンプー 11万人

バンコクの近郊、タイランド湾に面するサムットプラーカーン県に属する都市。バンコクの成長に伴い、当地も人口が急増した。バンコク市民のための保養地、バンプー保養地があることで知られる。





関連 : 世界の都市人口ランキングBEST100アメリカの都市・人口ランキングTOP25中国の都市・人口ランキングTOP50ベトナムの都市・人口ランキングTOP10マレーシアの都市・人口ランキングTOP10オーストラリアの都市・人口ランキングTOP10ニュージーランドの都市・人口ランキングTOP10韓国の都市・人口ランキングTOP10台湾の都市・人口ランキングTOP10






→ HOMEに戻る




シェアする