世界主要都市・殺人件数が少ない都市ランキングTOP50

ATkearney発表の世界主要都市の内、上位50の都市における人口10万人あたりの殺人件数を調べました。


ここにおける殺人の定義は原則として「非合法かつ意図的に他人を死に至らしめたもの」であり、殺人未遂、過失致死、正当防衛による死亡、法的介入による死亡、戦争・武力紛争による殺害は含まれません(定義の参考:グローバルノート)。しかし、各国ごとに異なる定義によって統計を公表しているため、そもそも厳密に比較ができるものではないことをご了承ください。

アジア、ドイツ、スイスなどに治安の良い都市が多いことがわかる一方、アメリカの都市の殺人率の高さが目立ちます。

参考 : 犯罪の少ない都市TOP25(2018年中期) / 世界の都市人口ランキングBEST100世界の主要都市BEST100(2019年度) / 世界・スマートシティランキング / 世界の都市・高層ビルの多い都市ランキングTOP50 / 世界・急成長している都市ランキングTOP30 / 世界主要30都市・一人あたりの緑地面積ランキング / 世界の金融街TOP25


1位 シンガポール (シンガポール)  0.2人/10万人 (2015年)





2位 東京 (日本) 0.4人/10万人 (2009年)


2位 香港 (中国) 0.4人/10万人 (2016年)


2位 大阪 (日本) 0.4人/10万人 (2017年)

*都市別のデータがないため、大阪府のデータ


5位 ミュンヘン (ドイツ) 0.5人/10万人 (2017年)


5位 チューリッヒ (スイス) 0.5人/10万人 (2016年)

*都市別のデータがないため、スイス全体のデータ

チューリッヒ


5位 ジュネーブ(スイス) 0.5人/10万人 (2017年)

*都市別のデータがないため、スイス全体のデータ





8位 ミラノ (イタリア) 0.6人/10万人 (2017年)


9位 フランクフルト (ドイツ) 0.8人/10万人 (2017年)


10位 北京 (中国) 1.0人/10万人 (2011年)

*都市別のデータがないため中国全体のデータ


10位 マドリッド (スペイン) 1.0人/10万人 (2009年)


10位 上海(中国) 1.0人/10万人 (2011年)

*都市別のデータがないため中国全体のデータ

上海




13位 シドニー (オーストラリア) 1.1人/10万人 (2007年)


13位 ベルリン (ドイツ) 1.1人/10万人 (2010年)

ベルリン


13位 ウィーン (オーストリア) 1.1人/10万人 (2009年)


13位 ローマ (イタリア) 1.1人/10万人 (2008年)


17位 ロンドン (イギリス) 1.2人/10万人 (2017年)


18位 モントリオール (カナダ) 1.3人/10万人 (2016年)

 


19位 トロント (カナダ) 1.5人/10万人 (2009年)





19位 ドバイ (UAE) 1.5人/10万人 (2006年)





次ページ : 21位から50位






参考 : 犯罪の少ない都市TOP25(2018年中期) / 世界の都市人口ランキングBEST100世界の主要都市BEST100(2019年度) / 世界・スマートシティランキング / 世界の都市・高層ビルの多い都市ランキングTOP50 / 世界・急成長している都市ランキングTOP30 / 世界主要30都市・一人あたりの緑地面積ランキング / 世界の金融街TOP25






→ HOMEに戻る




1 2

シェアする