台湾の都市・人口ランキングTOP10

台湾の都市の人口ランキングを集計しました。


中華民国 人口 : 2357万人


1位 新北 399万人

台湾北部、台北市と基隆市をぐるっと取り囲むように形作られた、ドーナツ状の都市。首都・台北市のベッドタウンであるが、台北よりも多い台湾最大の人口を有する。元々は台湾省にある台北県であったが、2010年に直轄市に昇格し、新しい台北市を意味する「新北市」となった。近年観光地として有名になった九份(きゅうふん)は新北市にある。






2位 台中 280万人

台中(タイチョン)市は台湾西部、台中盆地中央部にある台湾第2の人口を有する都市。台湾が清によって統治されていた18世紀初め、水資源に恵まれていたことから漢族による開拓が進み、台湾の行政中心地となった。台南から台湾府が移され、1885年成立の福建台湾省の省都となった。1894年に省都は台北に移る。当時は「大墩(だいとん)」と呼ばれ、日本領時代の1896年に台中と改称。碁盤の目状に街区が整備されており、現在も台湾中部の経済文化の中心地である。2010年に台中県と合併して直轄市となった。


3位 高雄 277万人

高雄直轄市は、台湾の南西岸にある台湾最大の貿易都市。寿山というテーブル状の大きな台地のふもとに位置し、台湾最大の面積を有する都市である。もともとは打狗(ターカウ)というマカタウ族の小村で、彼らの言語で「竹林」を意味した。17世紀、オランダが支配し「タンコイア」と称する。その後、鄭成功がオランダを駆逐し、その後清朝の支配に入る。19世紀、清が欧米に開国をせまられた天津条約での開港地の一つとなった。1895年、日清戦争に勝利した日本によって支配されると、「犬を叩く」という字面が悪いことから同音の日本語である「高雄」に改名した。高雄は日本海軍の南方基地として整備された。戦後も名前は変えなかったが、読みを北京語の「カオシュン」に改めた。2010年に高雄県と統合。現在もアジア有数の貿易港として栄える。


4位 台北 266万人

台北(タイペイ)市は台湾北部に位置する直轄市であり、台湾の事実上の首都。2010年に成立した新北市に四方を囲まれている。もともと原住民(ケタガラン族)の住む土地であったが、大航海時代、オランダの統治が及んでいなかった当地にスペインがサン・ドミンゴ要塞を築き拠点とした。その後オランダに支配され、さらにオランダ人は鄭成功によって駆逐された。清による併合当初は中国本土人の入境は制限され開発は進まなかったが、18世紀ごろから対岸の福建・広東から南人・客家人の移民が急増した。1871年、日本に琉球の宗主権を奪われ、日本の進出に危機感を抱いた清朝政府は1875年、中国防衛の最前線として当地に台北府を作り、1884年には台北城が完成した。1894年、台中から福建台湾省の省都が移され、台湾政治の中心地となる。日清戦争に勝利し統治した日本も、台北が日本から近いため台湾総督府を当地に置いた。台湾総督・後藤新平は城壁を撤去し、街路と上下水道を整備した近代的な都市を建設し、街は発展した。第二次大戦期は日本軍の南進政策の基地となり、米軍の空爆も受けている。戦後の1949年以降は、中国共産党から逃れてきた国民党政権の事実上の首都である。郊外にある、殷代からの美術品・文献62万点を収める故宮博物院は世界四大博物館の一つ。日本統治時代は「たいほく」と呼ばれており、現在でもNHKの放送では「たいほく」と呼ばれる。


5位 桃園 222万人

桃園(タオユエン)市は、台湾北部・首都台北の西に位置する直轄市であり、台北の衛星都市。現在の桃園市は2014年に桃園県が直轄市に昇格したもの。旧桃園市は新桃園市の区の一つとなっている。1733年に台北と連絡する亀崙山道(現・省道1号線)が整備されたことで大陸の客家人が多数入植した。彼らは住居の周囲に桃の木を植えたことから当地は「桃仔園」と呼ばれるようになる。台湾最大の茶の産地。






6位 台南 188万人

台湾南西部に位置する台湾最古の都市。台湾島で最も早くから開けた地域である。もともとは「台湾」と称し、その呼称が後に台湾全体に広がった。すでに16世紀の明代には中国本土から漢族が移住していたが、17世紀にオランダ人が渡来しゼーランティア城、プロビンシア城を築く。その後、鄭成功によって征服されると承天府と改称し、鄭氏政権の首府となった。清に併合された後も台湾府が置かれ、政治経済の中心として栄えた。1885年に台湾府は台中に移る。旧跡が多く観光地としても有名で、台湾の京都とも呼ばれる。台湾語が日常的に使用されている数少ない地域でもある。2010年に台南県を合併して台湾6大直轄市の一つとなり、現在の人口に増加した。


7位 新竹 44万人

新竹(シンチュー)市は、台湾北西部に位置する都市。日本では主に「しんちく」と呼称される。台湾最古の都市の一つで、もともとは「竹塹(ちくざん)」といい、1875年に「新竹」と改称された。冬に強い偏西風が吹くことから「風城」とよばれる。郊外に先端技術産業を集めた科学工業団地があり、「台湾のシリコンバレー」と呼ばれている。


8位 基隆 37万人

台湾北端にある省轄市。基隆港は高雄港に次ぐ台湾で2番目の貨物取扱量を誇る。17世紀にスペイン人が支配しサンサルバドル城を築き、極東貿易の根拠地とした。すぐにオランダ人が支配するようになり、その後鄭成功がオランダ人を駆逐して拠点とした。1861年、アロー戦争後の天津条約により開港。もともと「鶏籠」と呼ばれていたが、1875年、清朝は「基地昇隆」の意味を込めて「基隆(キールン)」に改変した。1884年にはフランスを相手に清仏戦争が起こる。日本領時代は日本本土に最も近い貿易港として栄え、港の整備も進んだ。太平洋戦争中は、米軍の攻撃も受ける。現在も、基隆は台湾北部の港湾都市として、台北の外港・衛星都市として発展している。中国本土からやってきた外省人が多く、国民党が強い。世界有数の雨の多い地域でもある。






9位 嘉義 26万人

台湾中西部に位置する内陸都市。もともとは台湾原住民の言葉の音に近い台湾語を充てた「諸羅山(ツウロウサン)」と呼ぶ地域であり、17世紀から中国大陸からの移民の拠点として発達した。その後オランダによって開発され、18世紀の清朝統治時代、反乱の際に住民が清朝に協力したことから、その忠誠をたたえて「嘉義(ジャーイー)」と改名した。1906年には嘉義大地震が発生し、清朝時代の城は壊滅した。現在も台湾南部の中心都市の一つ。北回帰線が市内南部を通過している。


10位 彰化 23万人

台湾西海岸中部、台中の南に位置する、台湾最古の都市の一つ。台湾原住民の集落「ポアソア社」があった地域で、台湾語音でそれを「半線(ポアソア)」と充てた。大陸に近く、また近くの鹿港が貿易の中心だったことから、早くから中国大陸からの移民の中心地となった。清朝政府が「顕彰皇化」(皇帝への忠誠を賞する)という意味を込めた「彰化(チャンホワ)」に改称した。現在は周辺地域でとれた農産品の集散地として栄える。





関連 : 世界の都市人口ランキングBEST100(行政単位別・2018年度最新版)





→ HOMEに戻る

シェアする